TikTok企業アカウントの作り方と成功するための3つのポイント

1.TikTokの企業アカウントとは

 TikTokの企業アカウントとは、企業が公式で運営するTikTokアカウントのことです。一般のアカウントと同様に無料でアカウントを開設することができ、認知拡大や集客などマーケティングの一環として利用したり、企業内部の様子を投稿し採用に繋げたりといった企業が増えています。

 企業アカウントでは一般アカウントと同様に15秒〜3分程度のショートムービーを使ったプロモーションが可能であるほか、データ分析機能も搭載されているため視聴者の反応を分析しマーケティングに活かすこともできます。

2.TikTokの企業アカウントの作成方法

 では実際に、企業アカウントはどうやって作成していくのでしょうか。4つのステップに分けて説明していきます。(※PCからの登録方法になります。)

①公式サイトから「登録」ボタンをクリックする

 初めに、TikTokの公式サイトを訪問します。公式サイト内に「ログイン」ボタンがありますのでクリックしましょう。

 ログインアカウント選択画面が出てきますので、下に表示されている「登録」をクリックします。

②登録するためのアカウントを選択する

 続いて、登録するためのアカウント選択になります。

 電話番号やメールアドレスでの登録のほか、LINEやTwitter、GoogleアカウントやFacebookなどと連動させてアカウント登録をすることも可能です。個人でのTikTokのアカウントを作成する場合には、個人で使用している各種アカウントと連動させればOKですが、企業アカウントの場合は内部で共有できるよう、自社企業が持つ「メールアドレスまたは電話番号」で登録するのが一般的です。

③生年月日とメールアドレスまたは電話番号を登録する

 最後に生年月日(公開されません)とメールアドレス、もしくは電話番号を入力します。メールアドレスの場合はパスワードも一緒に設定しましょう。

 入力が完了したら、「コードを送信してください」というところをクリックします。そうすると、入力した電話番号またはメールアドレスに認証コードが送信されますので、送られてきたコードを入力し、「次へ」と進みましょう。

④ユーザー名設定

 最後にユーザー名を設定し、「登録」をクリックして登録完了です。

3.TikTokで成功するための3つのポイント

 TikTokで成功するための重要なポイントは以下の3つになります。

  • 参入市場を明確にする
  • ターゲット層を明確にする
  • 最初の1〜2秒で視聴者の心を掴む

 1つずつ説明していきます。

・参入市場を明確にする

 TikTokのアカウントを作成する段階で、参入市場を明確にしておくことが大切です。ジャンルが統一されていなかったり、流行りだけを寄せ集めたアカウントになってしまうと、視聴者のリピート率が下がってしまい、結果的にファンがつきにくいアカウントとなってしまいます。参入市場を明確にすることによって、その分野に興味のある視聴者を集めやすく、また顧客の獲得に繋げやすくなります。

・ターゲット層を明確にする

 TikTokを有効に活用するためには、ターゲット層を明確にする必要があります。ターゲットに刺さる動画を投稿・企画することで共感が得られやすく話題性が生まれるからです。

 例えば大京警備保障のアカウントでは、若い世代をターゲットとし、会社の採用に繋げています。動画の内容もダンスやネタ、日常の一コマなど、若者ウケするような企画を多く投稿しており、「楽しい会社」を見せることによって若者の興味を惹く動画となっています。

@dkykeibi_tokyo

ハッピーチルドレンみんなで踊った#fyp #foryou

♬ オリジナル楽曲 – m – m._.i._.y._.u

 性別や年齢、趣味などを細かく設定し、そのターゲットに沿った企画にすることでコンテンツに影響力を持たせることができます。

・最初の1〜2秒で視聴者の心を掴む

 TikTokの閲覧方法は上下にスライドさせていき、どんどんと動画を切り替えていきます。そのため、視聴者に動画を見てもらうためには最初の1〜2秒で心を掴まなければなりません。冒頭にインパクトを持たせた動画にしましょう。

 例えば料理レシピ動画を投稿しているクラシルのアカウントでは、冒頭に視聴者の興味を惹く言葉と美味しそうな料理のイメージを見せることにより、本編へと上手く誘導しています。

@kurashiru.com

老舗名門店「日本橋ゆかり」、その三代目野永喜三夫料理長に「究極の肉じゃが」を教えてもらいます👨‍🍳 #クラシル #tiktokレシピ #料理 #料理動画

♬ Japanese style shamisen – Y’s Happyworld

 投稿した動画をより多く「おすすめ」に表示させるためには、動画の視聴維持率が非常に重要になってくるので、最初の1〜2秒で視聴者の興味を惹く工夫が必要です。

4.まとめ

 企業TikTokアカウントの作成方法と、TikTokで成功するための動画作りのポイントをご紹介しました。TikTokは検索エンジンやYouTubeとは違い、視聴者が検索せずとも動画が流れてくる仕組みとなっているため、そこでいかに視聴者の心を掴むかが重要になってきます。今までアプローチできなかった人たちに対しても自社サービスの情報をアピールすることができるのもTikTokの魅力の1つです。

 当社グッドフェイラーでは、企業の集客や認知拡大など、目的に合わせたTikTokやYouTubeの運用サポートを行っております。企業アカウントを始めたいけどどうすればいいか迷っている方、企業アカウントが上手くいかず悩んでいるという方は、当社グッドフェイラーまでお問い合わせください。

関連記事

TOP